住宅土地選びが好きなようにできる

注文住宅は建物だけじゃなく土地も自分好みに選べます

注文住宅の最大のメリットは、間取りから仕様に至るまで自分の規模通りに建物を建築出来る事にあります。それと同時に、自分の好きな土地に建物を建築出来るという事も注文住宅の魅力だと言えます。不動産の代名詞ともいえる土地は動かす事が出来ませんので、なかなか希望通りの物件にめぐり合えません。今回は注文住宅を建築できる3パターンの土地の特徴を考えてみたいと思います。
まず意外とオーソドックスなパターンとして、もともと所有していた土地に建物を建築する場合です。これは家族が所有している土地や、実家の土地が広く、その一部分に建物を建築する場合です。こういった場合は近所付き合いも非常に楽ですし、何より土地の取得費が不要なので後々の支払いもかなり楽になります。

土地の種類別の特徴はこれ

次に一般的なパターンとしては、新しく造成された分譲地において建物を建築する場合です。一般的には建築条件付きで販売されている事がほとんどですので、建築を依頼出来る業者は限られています。新しい分譲地なので近隣も勿論新築住宅が立ち並んでいます。比較的若い世代が購入する傾向にありますので、近所付き合いも同世代のために比較的スムーズです。
最後のパターンとしては、古家付きの建物を購入し更地にして新築を建築する場合です。古家付き物件は建築条件無しの物件がほとんどですので、建物は自分の希望する業者に依頼できます。近隣で建て替えが頻繁に行われている人気エリアではまだ良いのですが、そうでない地域は閉鎖的なコミュニティーが形成されている事もありますので、近状付き合いは注意が必要です。

© Copyright Leasing Now. All Rights Reserved.